大学のいじめトラブル

大学のいじめトラブル

いじめ 他の部員は見て見ぬふり
明治国際医療大(京都府南丹市日吉町)は4日、柔道部で1年生の男子部員に対するいじめ行為があり、暴行を加えるなどした1~3年生の男子部員3人を停学2~3週間の処分にする方針であることを明らかにした。被害者の部員に大きなけがはないという。

また、柔道部長を務めていた保健医療学部教授を、2月27日付で戒告処分とした。学生への処分は5日付で決定する予定。

大学によると、被害者が入部直後の昨年4月ごろから「死ね」「大学やめろ」などの暴言があり、同8月ごろから頭をたたいたり腹を殴ったりする暴力も加わったという。

今年1月に被害者から柔道部長に「部をやめたい」と申し出があり、いじめが発覚。ほとんどの部員は見て見ぬふりをしていたといい、柔道部は同月から活動を停止している。

明治国際医療大の学生数は約700人で、平成20年に明治鍼灸大から現在の名称に変更した。柔道部の部員数は約20人。
大商大日本拳法部で暴力行為、未成年の飲酒も 無期限活動停止
大阪商業大(大阪府東大阪市)は7日、日本拳法部が3月に行った合宿で、暴力行為と未成年の部員による飲酒が確認されたと発表した。大学は同部を無期限の活動停止とし、部員7人を無期停学処分などとした。

大学によると、日本拳法部の男子部員は3月7日夜から翌日未明にかけ、合宿の「打ち上げ」として学生会館で飲食した。その際、当時1回生の4人=いずれも(19)=がウイスキーなどアルコールを飲んだという。さらに、このうち1人が酔って同級生(19)に頭突きを加え、頭部に打撲を負わせたとしている。

現4回生の主将らも打ち上げに参加していたが、これらの行為を止めなかったという。

大学は4月1日付で主将ら3人を無期停学、1人を停学3カ月、3人を訓告の処分とした。3月8日に部員が同部の監督に連絡し、発覚した。

大学によると、同部は昭和26年に創部。全日本学生拳法選手権大会の上位常連校で、昨年11月の大会では準優勝している。