不貞行為

不貞行為

 

風俗に行くのは「不貞行為」なのか
「風俗に行くことは、不貞行為として離婚の原因になります(民法770条1項1号)」
配偶者のある者が、自由な意思に基づいて配偶者以外の異性と性的関係(性交渉)を結ぶことをいいます。昔の言葉では「姦通」と言われました。

 

 

配偶者のある者の行為、という限定は、婚姻前の他の異性との性交渉は不貞に該当しないことを示すためです。

ですから、婚姻前の交際していた時期に、他の異性と性交渉があったことを不貞行為に該当するものとして離婚原因にはできません。
「自由な意思に基づいて」という限定があるのは、例えば、強要されて性的関係をもってしまったような場合を除くためです。例えば、妻が他の男性から教諭されて性交渉を持ってしまった場合に、その妻の夫は、妻に不貞行為があるとして離婚請求をすることはできないということです。
不貞は、1回限りの性交渉でも成立すると考えられます。また、ごく短期間の場合も含むと考えられています。

しかし、裁判の実際を考えますと、夫婦関係の破綻を示す行為として「1回だけ他の異性と性交渉があった」という事実のみをもって裁判所が直ちに離婚を認めることはないように思われます。

 

妻が「離婚したい」と裁判に訴えた場合、風俗に行った夫は劣勢に立たされるようだ。ただ、その場合、セックスを拒否されていたという事情は、考慮されないのだろうか
「妻からセックスを拒否されていたとしても、風俗に行ったことが不貞にあたることは変わりません」
セックスレスは、不貞行為の言い訳にはならないわけだ。
「本番」がなくても不貞
夫が「不貞行為にあたるなんてまったく思っていなかった。風俗は遊びだった」と主張しても、裁判では通用しないのだろうか。
「不貞の有無は客観的な事実を基に判断します。夫の主観で判断されるわけではありません。夫側が『あくまで遊びだった』と訴えても、裁判所が認めてくれるかというと、疑問です」
ところで、いわゆる「本番行為」のない性的サービスを受けることも、不貞にあたるのだろうか。
「不貞には、『性交』だけでなく『性交類似行為』も含まれます。いわゆる『本番行為』がない風俗であっても、不貞にあたるとされています」
そうなると結論としては、妻と離婚したくない夫は「風俗に行かないほうがいい」ということだろう。
夫は「苦しい立場」に
不貞行為となるということは、慰謝料を要求される可能性もあるのだろうか?
「そうですね。慰謝料も覚悟しておくべきでしょう。
長い期間セックスを拒否され続けて、夫が風俗に行く前から『婚姻関係が破綻していた』というのであれば話は別ですが、婚姻関係が破綻していたと認められるためには、通常は別居していることが求められます。